ロードサイドとはどんな土地か?

★ロードサイドは、
中心市街地から少し離れた国道などの幹線道路沿いの
土地のことを指します。
中心市街地から完全には離れていないところがポイントです。

日本の土地であるのに「ロードサイド」とカタカナ表記されるのは、
アメリカから輸入された土地活用法だからです。

車社会が早くに発達したアメリカでは、
飲食店やスーパーマーケットなどの大型チェーン店が、
中心市街地から少し離れている幹線道路沿いの土地に目を付けました。

自動車を使う人たちは、
中心市街地から少し離れているだけであれば不便は感じません。
むしろ、広い駐車場があれば、中心市街地に買い物に行くよりも便利です。

しかし、これが完全な郊外になってしまうと、
時間もガソリン代もかかってしまうため、集客力が落ちてしまいます。

そのため、中心市街地から少し離れている幹線道路沿いの土地が
人気の的となり、「ロードサイド」と呼ばれるようになったのです。

日本でも車社会が発達すると、アメリカの企業を真似て幹線道路沿いに
出店する飲食店や小売店などが続出しました。

 

幹線道路沿いにある土地の魅力・特徴

幹線道路沿いの土地の魅力や特徴を順番に見ていきましょう。

① 交通量が多くビジネスがしやすい

この土地の魅力は、交通量の多さです。
「交通量=消費者数」と考えることができるため、
「消費者を集めやすく、ビジネスのしやすい土地」
と言えます。

② 大型チェーン店が注目している

また、大型チェーン店にとっては、
国道沿いの土地の価格や賃料が中心市街地よりも
安いことが魅力となります。
土地の価格または賃料が安いと、店を大きくしてもコストは
それほどかかりません。
店を大きくすることで客の利便性が増すため、
物がたくさん売れるようになるわけです。

③ 駐車場を広く取れる

そして、駐車場を広く取れることも力のひとつです。
中心市街地の店は広い駐車場を確保できないので集客力に
上限がありますが、ここではそれがありません。

 

おすすめ土地活用法とは?

幹線道路沿いのおすすめの土地活用法としては、
主に次のような店舗形態が挙げられます。

・コンビニ
・ホームセンター
・マンガ喫茶
・ホテル
・ファミリーレストラン、ファストフード店
・パチンコ店、ゲームセンター、遊技場
・カーディーラー、自動車用品店
・公衆浴場、温泉施設
・賃貸マンション・アパート

物やサービスを売るほとんどの店舗は、幹線道路沿いの土地にマッチし
交通量が多ければ多いほど店舗の収益性を高められるイメージ
を持つことができます。
そのため、店舗を借りる事業者様も見つかりやすいでしょう。

また、賃貸住宅は幹線道路にすぐに出ることが可能なため
通勤にも便利で、人気物件になりやすいと言えます。
さらに、1、2階などを店舗にし、
それ以上の階を住居とする貸店舗付きマンションという方法もあります。

 

店舗経営のメリット・デメリット

国道沿いで店舗経営で考えられるメリットとデメリットは次の通りです。

≪ メリット ≫
収益性の高さです!
賃貸マンション・アパートに比べると、店舗は建築コストなどの
初期投資が少なく、かつ高い賃料が見込めます。
さらに大規模商業施設を経営すれば地域活性化にも貢献できますので、
土地オーナー様は大きなやりがいを感じられるはずです。
≪ デメリット ≫
・ 大型店舗のテナントが途中で退去した場合、次のテナントをすぐに見つけられない可能性がある
・賃貸マンション経営・アパート経営に比べて節税効果が低い

国道沿いの店舗経営に向いている人・店舗経営に向いている土地オーナー様は次のような方です。

・高い収益性を狙いたい方
・近隣に商業施設がない土地を所有している方
・貸店舗経営に高い関心がある方
・地域貢献の気持ちがある方

土地には、先ほどのメリット・デメリットが考えられますので、
土地オーナー様がロードサイドの土地を活用していく際には
できるだけ多くの可能性を検討したほうが良いでしょう。
また、土地オーナー様が単独でそれだけ多くの可能性を探るのは

決して簡単ではないため、
専門会社のコンサルティングなども視野に入れておくと良いでしょう。

国道2号線沿いなど、国道沿いの不動産売買なら「あやめ不動産」

 

ロードサイドの土地活用で気を付けたいこと

「国道などの大きな道に面した土地であればどの土地活用法にも適している」
と言うわけではありません。

例えば、次のような土地活用法はあまりおすすめできません。
・看板
・駐車場
・太陽光発電
・トランクルーム

看板や駐車場は、一定の需要が見込めるため放置するよりは良いでしょう。
しかし、土地活用専門会社のアドバイスを受けて、
より良い活用法が見つかった場合には、なるべく早くそちらに
移行することをおすすめします。

収益性を重視したほうが良いからです!
収益性を考えた場合、太陽光発電やトランクルームよりも
大きな道に面した土地は、企業にとっても消費者にとっても高い利便性を
持つ施設の充実を望んでいると考えられるからです。

 

人口動態や地域経済を把握する

大きな道に面した土地を使ったビジネスには、
周囲の環境に左右されやすいと言う特徴があります。
例えば、人口が急増した地域の土地活用の場合、
高い収益が期待できます。

逆に、人口が減少していたり、車を使えない高齢者が増えていたりする
地域では、店に訪れる人は少なくなることが想定できます。
土地活用の収益も、それに伴って減少するわけです。

したがって、土地オーナー様はご自身の土地の「地域経済」
に敏感になることが大切と言えるでしょう。

 

国道2号線沿いなど、国道沿いの不動産売買なら「あやめ不動産」
おまかせください!

 

↓ お問い合わせはこちらから↓

お気軽にお電話・HPよりご連絡ください!

あやめ不動産お問い合わせフォーム

079-237-1431

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です